忍者ブログ
       

97公開 David Fincher監督作品 主演:Michael Douglus

『セブン』、『ファイトクラブ』などの作品でその名を知られるデビッドフィンチャー監督が手掛けたミステリー。
全く先の読めないストーリー展開と、最後の最後に待つ大どんでん返しに度肝を抜かれました。
あのラストは本当に想像できなかった。
世間の評価があまり高くないのが自分にとっては不思議なんですが、次々巻き起こる奇妙な事件や息もつかせないスピーディーなアクション、そしてラストへ繋がる物語全体の構成はさすが名監督と感嘆させられました。

前述の映画に比べるとこの作品はかなりダークで、見る人を選ぶというか良い意味で媚びてない感じがしますが、娯楽作品として十分楽しめる映画です。
僕はこの映画が一番好きです。

拍手[0回]

PR
映画こそ人生なり コメント(0)
<<衝撃のノンフィクション 【es】 ホーム 新時代の到来【Fear, and Loathing in Lasvegas】>>









<<前ページ ホーム 次ページ>>