忍者ブログ
       

SIMとともにハードコア世代を牽引する人気のバンドFear, and Loathing in Lasvegas。
ニューウェイブ、ダンスロック、フュージョン、テクノ。どう形容すればいいのか解りませんが、ダンスミュージックを彷彿とさせる激しいテンポとシンセサイザーを駆使した近未来的な音色に、 メタルやパンク、ラウドなどのハード系ロックを見事に融合させた新時代の音楽です。
彼らの音楽を聴いているとサイバーパンクという単語が浮かんできます。(エクストリームというジャンルだそうです)

オートチューンを導入したクリーンVoと激しいスクリーモのツインボーカルが特徴的で、ダンスミュージックによくある重低音が規則的にビートを刻むあの感じが妙にクセになるので、ハマると繰り返し聞きたくなる中毒性の強いバンドです。
こちらも全編英詞で、日本人の創作とは思えないセンスの高さが伺えますが、日本人だからこそこの手の多様性に溢れた音楽を作り出せたのかもしれません。

拍手[0回]

PR
音楽が無いと生きていけない私です コメント(0)
<<鬼才のダークミステリー 【GAME】 ホーム 暴力性と攻撃性【SiM】>>









<<前ページ ホーム 次ページ>>